HOME > KEOPSYS

KEOPSYS

THE LIGHT TOUCH

比類ない小型高出力パルスファイバーレーザ、低ノイズ光ファイバー増幅器の老舗メーカー

メーカー MANUFACTURER

KEOPSYS 社はフランスの北西部 Lannionに本拠を置き、米国ペンシルバニア州のWhitehallに子会社、日本を始めとする各地に営業所を持つグローバル会社です。1997年に創業し翌年1998年に障害検知用に開発された1550nm帯のパルスファイバーレーザの納入以後、1.0µm1.5 µm のファイバーレーザや高出力増幅器を通信、CATV、部品検査、リモートセンシング、分光、材料加工、軍事や学術研究などのさまざまな分野に納入してきました。 従業員の40%以上は、博士号を有し、KEOPSYS社は世界の研究機関や大学、企業と技術的連携を保ちながら革新的な光学製品を供給し続けています。

 

用途 APPLICATION

LIDAR

採鉱、土木建築、森林管理、水中の地形把握などで必要とされる広範囲な3Dデータを航空機などの移動体から取得するため小型高出力で耐振性の高いKEOPSYS社のパルスファイバーレーザ(KULT Series)が使用されています。

また風速、風向、エアロゾルの測定や積乱雲からのマイクロバーストの検知など数メートルから数十キロメートルに及ぶ範囲のさまざまな大気状況の測定にも同社のレーザを使用したCoherent Doppler LIDARシステムが活躍しています。

LIDARシステムの概要と対応製品についてまとめた資料を是非こちらよりダウンロード下さい。

医療・通信・軍需・その他

小型、高効率で信頼性の高いKeopsys社のレーザや光増幅器は、それぞれの波長、出力そしてその安定性などの特長を生かして皮膚科、形成外科などでの医療、CATVDWDMなどでの通信、そしてレンジーファインダーとしての軍事用途など、さまざまな分野で利用されています。

技術 TECHNOLOGY

V溝サイド励起(VSP) 

KEOPSYS社製品の特長のひとつである高出力は、特許のV溝サイド励起 (VSP®)技術により生み出されています。Broad Stripe LD 励起光を効率的に直接ダブルクラッドファイバー(DCF)に注入する同技術により、他の技術に比べて効率が高く、小型、シンプルで対非線形性能が向上する短いシグナルパスの製品が可能になっています。

 

 

 

 

 

 

 VSP技術の特長

1.高い総結合効率

他のDCFの励起方法は、まず励起LDの出力を励起ファイバーに結合しその上でDCFへ融着します。これに対しVSPは一回の結合プロセスですので非常に高い結合効率が得られます。

2.シグナル損失がない

他のDCF励起カップラーでは5-10%のシグナル損失が発生するのに対してVSPV溝は、ファイバーコア中の光が伝搬するエバネセント領域に影響を与えないので信号の損失がありません。

3.ファイバー長の短尺化

V溝はDCFの出力面に非常に近いところに設けることが可能なためファイバー長を短尺化でき、高ピーク出力パルスレーザの問題となる非線形性を最小化することができます。

4.励起LDとカップラーの一体化

非常に小さなサイズのV溝サイドカップラーは、ブロードエリア励起LD14ピンバタフライのような密封パッケージに一体化でき、高出力とともにコンパクトさを要求される光増幅器やレーザ用途に最適です。

製品 PRODUCT

ファイバーレーザ 

超小型な高出力パルスファイバーレーザです。 用途に応じてイッテリビウム、エリビウムそしてツリウムを添加したファイバーを使用しそれぞれ1.06μm、1.5μm、2.0μm で動作します。イッテリビウムレーザを波長変換したグリーン(532nm)レーザも用意しています。どのタイプも回折限界の高質なガウシアンビームが得られレンジファインディングなどの用途に最適です。

 

CxFLシリーズ CWファイバーレーザ
狭スペクトル・高出力を特長としたLIDAR、医療、研究開発用途向けのCWファイバーレーザです。1.06μm、1.5μm、2.0μm帯で動作するイッテリビウム、エリビウム、ツリウムレーザに加えてその間の波長を補うようなラマンレーザとしても用意可能です。直線偏波レーザとしても供給可能ですので偏波が必要な用途の際にはご用命下さい。

光増幅器 

PxFAシリーズ パルス光ファイバー増幅器

フェムト秒、ピコ秒から数百ナノ秒クラスのパルス光源の出力を増強する光ファイバー増幅器です。 種光源のパルス波形やスペクトル特性をできる限り維持しながらLIDAR用途のエリビウム増幅器では110μJの直線偏波出力を回折限界の高品質ビームとともに得ています。 より高出力な用途が期待できるイッテリビム増幅器も間もなく登場します。

 

CxFAシリーズ CW光ファイバー増幅器

イッテリビウム、エリビウム、ツリウム添加ファイバーの利得を利用し、1060〜1090nm、1100〜1120nm、1540〜1565nm、1570〜1605nm、1900〜2000nm の帯域で最高42dBmの飽和出力を誇る光ファイバー増幅器です。それぞれのシリーズで高い小信号利得やS/N特性を誇りながら100kHz以下の狭スペクトル光源の増幅やマルチポート出力への要求に対応したモデルも用意しています。

レーザ&フォトニクスの信頼おけるパートナー

株式会社フェイラ

カタログ請求・お問い合わせはこちらから
03-6380-0390
インターネットで24時間受付中
このページの先頭へ戻る